社会人基礎力とは何か?ベテランほど甘く見ると痛い目を見る!?

社会人基礎力ビジネスマインド

社会人基礎力は最近になって見かけるようになった言葉です。

 

しかし新しい言葉ということもあって、その意味を明確に理解できていない人も少なくないでしょう。

 

 

そこで今回は、知っているようで知らない社会人基礎力について紹介します。

 

 

社会人基礎力を身につけることは、ビジネスパーソンとしての成長に大きく貢献することも期待できます。

 

そしてこれは、社会人として日が浅い人のみならず、ベテラン社会人にも当てはまることです。

 

自分自身のスキルを見直すきっかけとしても活用しましょう。

 

 

・社会人基礎力とは何か

・なぜ社会人基礎力が必要なのか

・社会人基礎力を軽視する人の行く末

 

 

 

 

社会人基礎力の概要

社会人基礎力は2006年に、経済産業省が提唱した概念です。

 

 

2006年というと、ニートや若年の無職者が社会問題化した時期と言われています。

 

 

社会人基礎力という概念を定めた主な目的は、企業と学生間の認識の違いを埋める、というものでした。

 

 

では社会人には関係のない話か、と考えるのは早計です。

 

 

社会人基礎力は、全ての社会人に求められるスキルと言えます。

 

 

そして経済産業者が、社会人基礎力は人間100年時代に求められるスキル、と明言していることに危機感を覚えなければならないでしょう。

 

 

社会人基礎力とは何か

経済産業省のホームページでは、社会人基礎力を以下のように定められています。

 

 

「社会人基礎力」とは、「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されており、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」

引用抜粋元:経済産業省

 

経済産業省が社会人基礎力を提唱した目的は、以下の3点です。

 

 

・人生100年時代を生き抜くには、新たな切り口や視点が必要

・能力を発揮するにあたってはまず自己を認識することが欠かせない

・その上でPDCAサイクルを回しながら、目的、学び、統合のバランスを図ることが、自らキャリアを切りひらいていく上で重要

 

 

画像引用:経済産業省

 

 

 

 

社会人基礎力を構成するのは6つの要素と12の能力

社会人基礎力は、6つの要素と12の能力要素によって構成されます。

 

根幹をなす3つの要素は、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」です。

 

 

2018年の働き改革の際に追加された新たな視点、「学び」「組合せ」「目的」の3つも含めて詳細をみていきます。

 

 

要素1:前に踏み出す力=アクション

前に踏み出す力とは、失敗しても粘り強く取り組む力のことです。

 

 

現実の業務において、正解が1つに定まっているケースはほとんどありません。

 

何度もトライしてはエラーを繰り返すものです。

 

そんな試行錯誤の繰り返しに遭遇しても心をおらず、自ら行動していく力を持ち続けられる人材が必要とされています。

 

 

失敗しても腐らず、他者と協力しながら粘り強く取り組む力

 

 

この力をつけるために必要な能力要素が以下の3つです。

 

 

・主体性:物事に進んで取り組む力

・働きかける力:他人に働きかけ巻き込む力

・実行力:目的を設定し確実に行動する力

 

 

 

画像引用:経済産業省

 

 

 

 

要素2:考え抜く力

考え抜く力は、自らの頭で深く考える力を意味します。

 

 

物事を改善していくには、常に問題意識を持ち、課題を発見することが欠かせません。

 

自分の頭で考え抜いた上で、課題を解決するための方法やプロセスについて、さらに十分納得いくまで考える。この自律的な思考力が大切です。

 

 

 

考え抜く力を身につけるために、必要な能力要素は以下の3つです。

 

 

・課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力

・創造力:新しい価値を生み出す力

・計画力:問題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力

 

 

 

画像引用:経済産業省

 

 

 

要素3:チームで働く力

チームで働く力とは、多様な経歴や文化背景を持った人々と協力して、目標達成に尽力する力をさします。

 

 

例えヒーロープレーヤーであっても、自分1人で全てを成し遂げることはできません。

 

また脇役だからといって、発言を求められないように息を潜めるのも違います。

 

チームの目標を達成するために自分の意見を的確に伝えつつ、意見や立場の異なるメンバーの意見にも耳を傾ける。

 

 

自己も他者も尊重し合う力が必要です。

 

 

そして、目的はチームの目標を達成すること

 

これを見失ってはなりません。

 

 

 

そのために必要とされる能力要素が以下の6つです。

 

 

・発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力

・傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力

・柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力

・情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

・規律性:社会のルールや人との約束を守る力

・ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する力

 

  

 

画像引用:経済産業省

 

 

 

要素4:学び「何を学ぶか」

自発的に学ぶこと。

 

学びことを生涯続ける。

 

学ぶことはとても重要です。

 

 

人生100年時代を乗り切るには、学び続け進化し続けることが求められます。

 

これだけ何もかもが猛烈なスピードで進む現代において、停滞は退化です。

 

 

学び進化し続けることをやめたら、淘汰されるのみ。

 

 

自分の弱みを伸ばすことも大切です。

 

 

しかしそれと同時に、強みをみつけてどんどん強化し、最強の武器に磨き上げること。

 

 

強みを伸ばすことは非常に重要です。

 

 

 

 

要素5:組み合わせ「何をどのように学ぶか」

体験と経験の数を増やして自分の視野を広げる。

 

 

そして、経験値を上げて自分をバージョンアップし、チームに還元していくこと。

 

 

これが目的の実現に向かう大切なステップです。

 

 

要素6:目的「どう活躍するか」

自己実現や社会貢献に向けて積極的に行動することが大切です。

 

 

そして具体的な活躍の場を得るために、前に踏み出す力を活用して積極的に行動することが求められます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました