【今さら聞けない】インフレとデフレ、誰でもわかる簡単解説

インフレ・デフレ経済

インフレとデフレ。

 

教科書で聞いた言葉でしょう。

 

しかし理解しにくい観念であり、日常生活に深く関わっているものの、改めて認識しない概念です。

 

そこで今回は、インフレとデフレの知識を再確認していきます。

 

 

・インフレとデフレの違い

・インフレとデフレ、それぞれで損する人と得する人

・インフレとデフレで生活はどう変わるか

 

 

 

 

日本はインフレとデフレのどちらなのか

今の日本はデフレです。

 

 

不景気と言われて久しいですが、20年以上もデフレの真っ只中を漂い続けています。

 

 

しかし未来永劫デフレが続くということはあり得ません。

 

 

なぜなら、デフレの後には必ずインフレが訪れているからです。

 

 

世界は波のように漂いながら、変化しながら、同じ軌道を描きます。

 

 

経済もこの物理法則から逃れることはできません。

 

 

ただ、人間社会の経済はまだ誕生から日が浅く、あまりにも未熟です。

 

 

そのために規則性を欠いた動きをすることもあります。

 

 

それでもいつかデフレが終わり、インフレが始まるでしょう。

 

 

デフレからインフレへの移行がスムーズなのが理想ですが、急激な変化を起こすと社会混乱が発生する恐れもあります。

 

 

デフレ(デフレーション)とは何か

デフレとは簡単にいうと「供給が需要を上回る状態」です。

 

 

物の価値が下がるので、お金の価値が上がります。

 

 

デフレでは

・物の価値は下がる

・お金の価値は上がる

 

 

 

デフレは不況の引き金になる

お金の価値が上がるのは良い状態ではないかと思われるかもしれませんが、それは間違っています。

 

 

なぜなら、デフレは不況を引き起こす大きな原因になり得るためです。

 

 

なぜデフレは不況の原因になるのでしょうか。

 

 

デフレになると価格競争が始まる

デフレの時は、供給が需要を上回っています。

 

つまり、欲しい人がいないのに、不要商品が大量に市場に溢れている状態です。

 

 

例えば、旬の野菜は安く購入できます。

 

しかし旬ではない時期には高騰するのが一般的です。

 

なぜ季節によって同じ物なのに価格が変動するのでしょうか。

 

旬の時期に価格が下がるのは、大量に生産され大量に供給できるためです。

 

市場に大量に商品が出回るとどうなるでしょうか。

 

市場に商品がたくさんあり余っているなら、消費者は少しでも自分いメリットのあるものを買いたいと考え、価格を比較し始めるでしょう。

 

これに対して販売する側は、、値段を下げて販売しようと試みます。

 

購入されなければロスになり、利益が減るどころか損失を被る可能性もあるからです。

 

それを見たライバルの販売者は、もっと値段を下げて自分の商品を買ってもらえるように消費者にアピールしなくてはなりません。

 

それを見た他のライバルがまた値段を下げて・・・。

 

 

こうして物の価値はどんどん下がり、お金の価値が上がります。

 

 

なおお金の価値が上がるとは、ある時点で1,000円で買えた商品が、800円で買えるようになった状態のことです。

 

 

 

デフレになると得をする人

デフレでお金の価値が上がれば、お金を使って物を買う人、つまり消費者は一時的に得をします。
 

 

なぜなら、少ないお金で、多くの商品やサービスを購入できるようになるからです。
 

 

この部分だけ切り取ると、デフレは家計に優しい状態のように思えるでしょう。

 

 

しかし、デフレには恐ろしい闇があります。

 

 

 

デフレで得をする人は、実は1人もいない

価格を下げなくてはならなくなった販売者の利益はどんどん減少します。

 

不良在庫を抱えたり、ロスを出さないために価格を下げますが、そのせいで利益を出せなくなるのです。

 

 

資本力の弱い販売者は力尽き、倒産せざるを得ません。

 

また、資本力のある大規模な販売者(大企業)以外生き残れなくなる恐れもあります。

 

 

販売者の倒産は、一企業の問題に留まりません。

 

 

倒産した企業に勤める労働者やその家族も、大幅な収入減少に見舞われるからです。

 

 

販売者の利益が出なければ、倒産は免れても労働者の賃金が減額される恐れもあります。

 

 

収入が減った労働者は、今まで以上にお金を使えません。

 

その結果、市場の商品やサービスは購入されずに、より一層余っていきます。

 

 

 

商品やサービスが購入されなければ、企業の倒産、労働者の賃金ダウン、失業が進むので、さらに市場に商品が余って・・・。

 

 

こうして経済は負のループに陥り、不況に発展します。

 

 

デフレになれば物を安く買いやすくなるのは事実ですが、物の価値が下がることは巡り巡って消費者の首を絞める恐れがあることを忘れてはなりません。

 

 

デフレになると

・物価が下がる

・給料は上がらない、もしくは下がる

・企業の人員整理や倒産する

・失業する可能性が高くなる

・その結果、不況に陥る

 

 

 

デフレのもたらす深い闇、デフレスパイラル

デフレでは消費者は得をしたように見えますが、これはまやかしでした。

 

商品を安く購入できたことが巡り巡ってデメリットとして帰ってきます。

 

 

デフレによって収入が増えない、もしくは減るので、消費者は極力お金を使わないようにします。

 

企業も同様に、利益がでれば蓄えに回すので、労働者に還元されることは期待できません。

 

 

イソップ童話の北風と太陽と同じです。

 

人間は本能で、危険を感じれば徹底した守りの姿勢に入ります。

 

 

お金が動かなくなると、景気は悪化の一途です。

 

景気が悪化すれば、お金が入ってきません。

 

消費者も企業も手持ちのお金を守ろうとします。

 

こうしてますますお金は動かなくなり、消費者も企業も守りに入り・・・。

 

 

不景気の闇にハマっていきます。

 

 

この闇にのめり込んでいくが如くの悪循環が「デフレ・スパイラル」です。

 

 

日本では1990年代にバブル崩壊して以降今日まで、デフレ状態です。

 

 

この出口の見えない闇を彷徨った約20年のことを「失われた20年」と呼びます。

 

 

 

 

インフレ(インフレーション)とは何か

インフレとは、物価、つまり私たちが普段買っている日用品やサービスの値段が上がることです。

物価が上がると、以前より多くのお金を出さないと商品を買えなくなり、お金の価値は下がります。

例えば以前100円で購入できた商品が200円出さないと購入できなくなる。

 

これがインフレです。

 

 

では、なぜインフレになるのでしょうか。

 

 

 

 

良いインフレと悪いインフレ

インフレには2種類あります。

 

良いインフレと悪いインフレです。

 

 

良いインフレとは?

良いインフレの状態では、以下のような連鎖が起きます。

 

 

良いインフレは景気を良くする

・企業が販売価格の上昇で利益を出す→労働者の賃金が増える

・家計が楽になるので消費者の財布の紐が緩む→企業の利益が増える

このサイクルに乗ることができれば企業も消費者も得をし、景気は良くなります。

悪いインフレとは?

悪いインフレには次のような特徴があります。

 

悪いインフレは景気を悪くする

 

・商品の仕入れ価格が上昇したのに、値上げが十分にできない→企業の利益が減る

・給料が増えない→消費者は財布の紐を固く閉める

 

悪いインフレに陥ると、物価は上昇するものの企業は十分な利益を得られません。

 

その結果給料も増えないどころか、減る可能性もあります。

 

消費者は買い控えをするので、企業の利益はさらに冷え込み、さらに消費者の収入が減る・・・。

 

まさに悪循環です。

 

インフレが良好に機能するための条件

インフレが良いインフレになって景気を上向かせるためには、以下の3つの条件が整うことが必要です。

 

 

良いインフレになるための3条件

・物価の上昇

・給料が上がる

・消費者の財布が緩む

 

インフレにおいては物価の上昇、つまり企業の利益が増えて、その利益が労働者に還元されることがポイントです。

 

しかし実際は、この条件が揃わず景気が上向く起爆剤なっていません。

 

インフレをこじらせた最悪な景気とは

資本主義経済で新自由主義経済下の資本家(企業)は、利益を労働者に還元しようとしません。

 

利益が出れば、設備投資に回して、更なる利益を望もうとする傾向があります。

 

消費者も同様、収入が増えても金利の低い貯金に回すので、市場をお金がスムーズに巡る状態になりません。

 

こうして物価は上昇しても収入は増えないので、消費者はますますお金を使わなくなり、企業は利益を出せない、デフレ以上に最悪な状況に陥ります。

 

 

<次の記事へ続く>

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました