クレジットカード現金化で人生詰む!?知っておくべき5つの真実

マネープラン

クレジットカード現金化という、現金の入手の仕方があります。

 

 

昨今の社会情勢もあって、取り急ぎ現金が必要という考えから安易にクレジットカードの現金化に興味を持つ人もいるでしょう。

 

 

しかしクレジットカード現金化は、本当に安全な手法で、違法性はないのでしょうか。

どのような仕組みでクレジットカードから現金を生み出すのか。またどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

 

・クレジットカード現金化する二つの方法

・クレジットカードの現金化は合法か

・クレジットカードの現金化のメリット

・クレジットカードの現金化のデメリット 

 

 

今回は、クレジットカード現金化の正体に迫ります。

  

 

なおクレジットカード現金化は、違法性がなくすぐに現金入手できる便利な方法として紹介するサイトは多数存在します。

 

 

しかし本サイトでは包括的にクレジットカード現金化を調査研究した結果、クレジットカードの現金化は利用者にとってデメリットが大きすぎると同時に、あまりにもリスクが高いと結論付けました。

 

 

クレジットカードの現金化は、自分自身の信用情報に取り返しのつかないダメージをもたらし、債務超過にも繋がりかねない危険な行為と考えています。

 

 

そのためクレジットカード現金化における具体的手順の解説は簡略にし、法規や契約といった観点からの考察を中心に展開していますことをご理解ください。

 

   

 

 

クレジットカードを現金化する2つの仕組み

Image by Republica from Pixabay

クレジットカード現金化とは、クレジットカードに付帯するショッピング枠内の金額を現金化することをさします。

 

 

わかりにくいですね。

もう少し噛み砕いて説明すると、クレジットカード付帯するショッピング枠を活用して現金を生み出す仕組みです。

 

 

クレジットカード現金化には、クレジットカード会社は関与しません。

クレジットカード現金化業者が存在し、そういった業者を介してクレジットカードのキャッシング枠を現金化します。

 

 

なおクレジットカードの現金化は、クレジットカード会社はその規約の中で不当行為と定めており、発覚すれば信用情報に傷がつきます。いわゆるブラックリストに乗り、2度とクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりできなくなる可能性がある行為です。

 

 

 

クレジットカード現金化、2つの方法

クレジットカードのキャッシング枠を現金化する方法は、主に2つあります。

 

 

  • ・クレジットカードで限界までショッピング枠を利用して商品を購入し、それを現金化する。

    ・クレジットカード現金化業者から、高額のキャッシュバックキャンペーン特典付きだが価格に見合わない商品をクレジットカードで購入し、キャッシュバックの現金を受け取る。


 

 

 

 

街中やインターネット広告の中で「クレジットカードを現金化!」と謳われているものがクレジットカードの現金化業者です。そしてそのほとんどが、後者の方法でクレジットカードの現金化を実施しています。

 

 

 

いずれの仕組みでも、ショッピング枠を利用して物品を購入し、それを現金と交換する点は共通しています。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

クレジットカードの現金化は合法なのか

Image by succo from Pixabay

クレジットカードで現金を生み出すと聞くと、法に触れるのではないかと不安になるでしょう。 

 

 

ただ現行法においては、クレジットカード現金化は、違法ではないケースがほとんどです。

 

 

しかし「現行法では」「ほとんどのケースは」「違法ではない」。

このあいまいな表現でしか言及できない点に、クレジットカード現金化の闇が潜んでいます。 

 

  


・ほとんどのケースでは違法ではない

・正しい合法とも言えない

・法に抵触して摘発を受けるケースもある

 

 

 

なぜクレジットカード現金化は合法であるとハッキリと言えないのか。

その理由を詳しく見ていきましょう。

 

 

  

 

クレジットカード現金化は違法とは言い切れないが合法でもない

クレジットカードの現金化は、現行の法律においては明確な違法行為ではないケースがほとんどです。

 

 

ただし合法とも言い切れない、まさにグレーゾーンに位置する行為と言えるでしょう。 

 

 

インターネット上にはクレジットカード現金化を専門に取り扱う業者のサイトも多数存在るのも事実です。インターネットの広告でクレジットカード現金化の文字や、それを連想させる宣伝文句を目にしたことのある人もいるでしょう。

 

 

ただ、一部悪質な業者による詐欺行為を指摘する声が独立行政法人国民生活センターに寄せられるケースもあります。

 

 

ただその件数は年々減っており、 ビジネスとしてなんら違法性のないものであると主張するサイトも多数あります。

 

 

 

 

クレジットカード現金化が違法になる2つの法律

Image by WikimediaImages from Pixabay

クレジットカードの現金化は違法とされないケースが多いと先に述べましたが、実際はいくつかのクレジットカード現金化業者が違法行為を指摘されています。 指摘された内容は以下です。

 

 

・古物営業法違反

・出資法違反

 

 

 

この2つとも、クレジットカード現金化業者に対して適用される法律です。

 

 

  

クレジットカード現金化で古物営業法違反

古物営業法では、新品未使用以外の商品を購入するビジネスを行う際に必ず届出をすることを求めています。公安委員会の管轄です。

  

古物営業の届出をせずに新品未使用以外の商品を顧客から購入した場合、古物営業法違反として摘発されることがあります。

 

 

例えば、リサイクルショップを始める際には必ず、古物営業法に則って販売行為を行う旨の申請手続きが必要です。

  

 

クレジットカード現金化においては、顧客がショッピング枠で購入した商品を、業者が買取現金と交換する仕組みです。たとえこの商品を顧客が一切使用していないとしても、一旦顧客の元に所有権が移った段階でその商品は古物となります。

  

 

そのためクレジットカード現金化業を始めるにあたっては、古物営業の届出が必要です。これを怠ったことで摘発を受けたケースが過去にあります。

  

 

 

騙されないで!古物営業の許可=クレジットカード現金化の許可ではない

クレジットカード現金化業として営業するには、公安委員会に古物営業の届出が必要です。

 

しかしここで注意しなくてはならいないのが、公安委員会に古物営業の届出をして許認可を受けているからといって、クレジットカード現金化を公安委員会が許可したという意味ではない、という点です。 

 

 

クレジットカード現金化業者によっては、公安委員会の許可を得てクレジットカード現金化業務を行っているかのように謳う会社もあります。

 

 

しかし公安委員会が許可しているのは、あくまでも古物の買取までです。クレジットカード現金化を、公安委員会が許認可しているわけではありません。

 

 

 

公安委員会の許可を得た安心安全な業者というイメージを顧客に植え付けるために、誇大広告している業者も存在します。この点には十分注意が必要です。

 

 

繰り返しますがクレジットカード現金化について、決定的に違法とする法律もない代わりに、合法とする法律も存在しません。

 

 

 

 

現行法においてクレジットカード現金化は、法の隙間をかいくぐるグレーなビジネスと言えるでしょう。

 

 

 

  

クレジットカード現金化で出資法違反

クレジットカード現金化業者が、出資法違反で摘発された事例も存在します。

 

 

出資法は、正式名称を「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」といいます。

貸金業者と貸金業者以外の人のそれぞれに対して、 利息を制限する法律です。

 

 

過去にクレジットカード現金化業者が出資法違反で摘発された際は、クレジットカード利用者が負う利息の金額について、出資法で定めた利息額を超えるという内容でした。

 

 

 

どういうことか、詳しくみていきます。

 

 

 

クレジットカード現金化の手順 

クレジットカード現金化までの大まかな流れを確認しておきます。

 

 

 

1:クレジットカードのショッピング枠で商品を購入する

2:商品をクレジットカード現金化業者が買い取る

3:クレジットカード現金化業者から、現金を受け取る

 

  

クレジットカード現金化する際のファーストステップは、クレジットカードの利用者がショッピング枠の上限まで商品を購入することです。

 

 

利用したショッピング枠の借入金に対して返済義務が生じるため、そこには当然利息がかかります。 

 

 

  

クレジットカードのショッピング枠で購入した商品の買取を、クレジットカード現金化業者に依頼。

クレジットカード現金化業者は、商品を買取って、現金を支払います。

こうしてクレジットカードのショッピング枠が現金化される仕組みです。

 

 

 

 

 

クレジットカード現金化、2つの問題

しかしここで2つの問題が発生します。

 

 

 

例えば10万円のキャッシング枠を使って購入した商品で考えてみましょう。 

 

 

市場価値10万円であった商品も、購入された段階ですでに中古品です。

買取価格は、10万円で購入した時より低い金額でクレジットカード現金化業者に買い取られるのが一般的です。

 

 

この時点で、クレジットカード現金化が一つ目の損失を生み出していることがわかります。

 

 

クレジットカードのショッピング枠で購入した商品の値段より、
低い金額の現金しか手元に入らない

 

 

例えばクレジットカードのショッピング枠、10万円で購入した商品が、クレジットカード現金化業者に5万円で買い取られるとしましょう。 

 

 

この場合クレジットカード利用者の元には、5万円の現金が入ります。

 

 

しかし「取り急ぎ現金が必要だったから、5万円でもありがたい」などと思うのは誤りです。

 

  

なぜなら、クレジットカードの10万円分の返済義務+ショッピング枠利用に対する利息が、 クレジットカード利用者の負債として残っているからです。

 

 

つまり5万円の現金を手に入れるために、10万円+利息分の負債を負ったことになります。

 

 

 

10万円でクレジットカード利用者が手に入れた商品を5万円で買い付けたクレジットカード現金化業者は、5万円より高値で新古品を販売すれば、利益得ることができます。

 

安価に商品を仕入れられて、得をしたと言えるでしょう。

 

一方のクレジットカード現金化の利用者はどうでしょうか。

 

 

5万円の現金を、10万超の負債と交換しただけです。

この違和感しか残らない不等価交換が、公正な取引と言えるでしょうか

 

 

クレジットカード現金化は、利用者にとってあまりにも損失が大きい取引手法であることがわかります。

 

 

 

 

 

 

  

想定外の利息が、結果的に法定利息超過を引き起こす

クレジットカード現金化業者が出資法違反で指摘されたケースでは、クレジットカード利用者が多い最終的な利息の額が出資法に定められた法定利息を超過する点を指摘しました。

 

 

 

クレジットカード利用者は本来であれば、自分が使用したショッピング枠に対する利息のみ支払う義務があります。

 

 

しかしこの摘発されたケースでは、10万円の商品を購入しているにも関わらず、手元に入った現金は10万円よりも少ない金額です。この差額はクレジットカード利用者が受けた損失であり、利息と捉えたことにより、トータルの利息が法定利息を超過したという判断でした。

 

 

 

    

クレジットカード現金化を利用者したら違法になる?

過去のクレジットカード現金化の事例で摘発されたのは、 全て業者のみです。利用した顧客側が摘発された案件は今のところはありません。

 

 

 

現時点での摘発理由は、消費者の利益を不当に搾取したことによるものです。

 

 

 

ただし今後、法が整備されていく段階では、クレジットカード現金化に関与したことで何らかの罪に問われる可能性もゼロではないでしょう。

 

 

  

 

   

 クレジットカードの現金化は違法ではないが、ブラックリストにのる

Photo by Ante Hamersmit on Unsplash

クレジットカード現金化は、現行法では完全に違法とも合法とも言い切れないグレーゾーンにします。

 

 

 

ただし、クレジットカード会社各社が定める利用規約に反するものです。

 

 

 

そのため、クレジットカード現金化を行うために不正にショッピング枠を利用したことが判明した場合、クレジットカードの強制解約、及び信用情報に不正行為の履歴が残ります。

いわゆるブラックリストにのる状態です。

 

 

 


・クレジットカードの現金化は、 クレジットカード会社の規約違反

・クレジットカード会社の規約違反に伴い、信用情報に傷がつく

・クレジットカードの利用、申し込みができなくなる可能性もある

・クレジットカードの現金化が発覚した場合、利用代金の一括返済を求められる場合がある

・クレジットカードの現金化を行うと自己破産できない可能性がある

 

 

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

 

クレジットカード現金化は利用規約違反だがカード会社にはバレない!?

クレジットカード現金化業者のサイトなどでは、クレジットカード会社に不正利用がバレることはない、カード会社はそこまで調査しない、などと言及しているものもあります。

 

 

 

しかしそもそも、クレジットカード会社と契約を結ぶ段階で、 カード会社の利用規約を遵守する旨を約束して契約しているはずです。

 

 

それを小さな子供のように、

バレなければ何をしても大丈夫

などと考えるメンタリティ自体にかなりの問題があります。

 

 

 

またカード会社の利用規約に反すると知っていながら、どうせバレないからブラックリストに載るリスクのある不正を働いても大丈夫だ、とお客をたきつけるようなビジネスが、 正当なビジネスと言えるでしょうか。

 

 

 

消費者庁をはじめ、クレジットカード現金化に対する取り締まり強化に向けた動きは水面下で進んでいます。

 

 

 

稼げるうちに稼いでおこう。

クレジットカード会社に不正利用がバレたとしても、デメリットを被るのは多額の負債を被る利用者だけ。  

 

 

それでも現金が欲しいお客がいるのだからカモにして、儲けられるだけ儲ければいい

  

 

 

未来のことも他の人のこともどうでもいい。

利用できるものはすべて利用し、 今お金が手に入ることが全て。

クレジットカード現金化には、そんな破滅的で短絡的なビジネススタイルが見え隠れします

 

 

  

  

クレジットカード現金化がバレれば、信用情報に致命的な傷が残る

クレジットカード現金化を行っていたことがクレジットカード会社に知れた場合、クレジットカードの不正利用による借入残高の一括返済を求められる可能性があります。

 

 

 

また信用情報にクレジットカード不正利用の履歴が残ります。ブラックリストにのった状態です。それによって、今後のクレジットカードの利用の他、金銭の借入や契約にあたり不利益を被る恐れもあるでしょう。

 

 

 

クレジットカード現金化を行うと自己破産が出来なくなる

クレジットカード現金化すると、自己破産できない可能性も考えられます。

なぜならクレジットカード現金化は、破産法における不当な債務負担行為に該当する可能性があるためです。

 

 

破産法第252条第1項第2号に抵触する場合、裁判所からの免責、つまり借金支払いの免除が受けられなくなるからです。

 

 

自己破産自体が債務整理の最終手段です。その最終手段さえも選択を許されない状況に追い込まれるほど、 クレジットカード現金化は危険な行為であると言えます。

 

 

 

クレジットカード現金化は僅かな現金と多額の負債をもたらす

Image by Tumisu from Pixabay

クレジットカード現金化はリスクしかない非常に危険な行為でありながら、手軽に現金を入手できる方法であるかのように謳われ、インターネット上にもたくさんの広告が出回っています。

 

 

  • 今すぐに現金が手に入る。

  • バレることもないし、違法でもない。

  • クレジットカード現金化なら、 家族や職場に知られずに現金を手に入れられる。

  • ショッピング枠を使ってローンを組むから、キャッシングより利息が低くお得。

 

 

確かに、クレジットカード現金化にはそういった一面もあるでしょう。

  

 

しかしわずかながらの現金を手に入れるために多額の負債を負うことが、本当にメリットと言えるでしょうか。

 

 

 

例えば10万円のショッピング枠をフルに使ってローンを組んで買った商品を、5万円で売却するとしたら。明らかに5万円と、ローンの利息分損しています。

 

 

 

 

クレジットカード現金化が本当に得なら、これほどの負債が残るはずがありません。

 

 

  

クレジットカード現金化は、今取り急ぎ現金が必要だという焦りや不安につけ込んでいるだけだということに気づきましょう。

 

 

ショッピング枠の低い金利しかつかないから、クレジットカード現金化はお得だ、などと言う意味不明な理屈のを受け入れてはいけません。ただカモにされているだけです。

 

 

 

 

 

  

クレジットカード現金化など不要なお金の使い方を身につける

Image by Alexander Stein from Pixabay

クレジットカード現金化のような危険な取引をしてまで、目先の現金が必要な状況になる。

人生の中では不測の事態に陥ることももちろんあるでしょう。

 

 

しかしクレジットカード現金化に頼りたくなる状況に陥るのなら、それは自分自身のお金の使い方、お金との付き合い方を見直すタイミングに他なりません。

 

 

ここでさらに負債を増やしても、その返済にまた困るでしょう。

 

 

新たなクレジットカードを使ってクレジットカード現金化し、またそのカードの返済をするためにクレジットカードのショッピング枠を現金化することを繰り返す負のサイクルに陥れば、過剰債務まっしぐら。

さらにクレジットカードの不正利用で自己破産もできなければ、まさに身の破滅です。

 

 

 

  • お金は魔法のように突如出現するものではない

  • 「すぐに現金が手に入る」甘い囁きに動かされて、たどり着くのは多重債務

  • 足りない現金を補うために債務を増やす、負のスパイラルは終わらない 

 

 

 

 

急ぎ動かす現金もないような暮らしぶりそのものを改めない限り、生涯お金に振り回され、お金に悩み、お金に苦しんで終えるでしょう。

 

 

   

  • 自転車操業な金銭のやり取りを今すぐやめる

  • 無駄な支出を一切切り捨てる

  • 収入以上のお金を使わない

 

 

この当たり前の原則に立ち返ることでしか、クレジットカード現金化お便り多重債務に陥るスパイラルから抜け出すことはできません。

 

 

  

 

 

お金に困っている人はいつも狙われている

Image by Tumisu from Pixabay

ビジネスとは、誰かの困りごとを解決することです。

 

 

 

しかしお金に困っている人の多くはカモにされ、搾取されるのが資本主義社会です。

 

 

 

クレジットカード現金化に頼らなければならないほどの経済状況なら、収入の割に増えすぎている支出をコントロールしても、すぐに正常な状態には戻せないでしょう。

 

 

 

頑張って節約しても生活は楽にならない。

クレジットカード現金化をすれば、 すぐに楽にお金が手に入るのに。

 

 

 

そんな気持ちにもなるはずです。

 

 

しかしクレジットカード現金化は、麻薬と同じです。現金が手に入ったその瞬間だけ気持ちが晴れ、安らぎを覚えるでしょう。

 

 

 

しかしその瞬間を過ぎれば、残っているのは多額の負債だけ。

 

 

 

その残酷な現実に気づき、受け入れ、多少の苦しみを伴っても収支のバランスが整うまで耐える努力をできるのは、自分自身だけです。

 

 

  

 

 

お金が増えること以外にお金を使ってはいけない

Photo by Visual Stories || Micheile on Unsplash

お金に振り回される人と、一生お金に困らないで生きていく人には大きな違いがあります。

 

 

 

  • お金に振り回される人は、1円もお金を生み出さないことに多額のお金をつぎ込む

  • お金に困らない人は、一円でも多くのお金を生み出す事にしかお金を使わない

 

 

お金を生み出すことしかお金を使わないと言うと、ケチで殺伐とした喜びのない生き方と感じるでしょうか。

 

 

大して着ることもない洋服に高いお金を払い、仕事のストレスを晴らすために二日酔いになるまで酒を煽って、借金の返済に困った末にクレジットカード現金化を行う。そんな生き方が喜びにあふれた人生でしょうか。

 

 

 

カードの枠で購入した商品を破格で売り払い、わずかながらの現金を手に入れる。まさにお金を減らすためにお金を使っている典型でしょう。経済的困窮度をより一層深めていくことは目に見えています。

 

 

 

経済的に困窮している人に対してより困窮度を深めるような取引を持ちかけるのは、違法ではないにせよ、悪質でしょう。

そして自ら望んでそのような危険な取引に乗るような愚行は、決してあってはなりません。

  

 

 

 

 

   

  

支出制限&収入増でクレジットカード現金化に頼らない生活を

Image by Steve Buissinne from Pixabay

クレジットカード現金化に頼らなければならないほどお金に困っている場合、収支のバランスに問題があります。

 

 

 

稼いだ以上のお金は支出できない

 

 

 

支出できる範囲は、収入の量によって変わります。

支出を増やしたいなら、 収入を増やすしかありません。

 

 

 

最近は、在宅で副業が簡単にできるようになりました。

 

自分のスキルをお金に還元するサイトも豊富です。

 

例えば日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」クラウドソーシング「ランサーズ」、スキルのフリマ【ココナラ】のようなクラウドソーシングサイトを活用すれば、在宅で手軽に副業を始めることができます。

 

 

いずれのサイトも登録無料で、クラウドワークスクラウドソーシング「ランサーズ」は、簡単なタスクをこなすだけといった案件も豊富に用意されています。

 

 

いずれのサイトも無料登録し、応募したりスキルを出品するところからスタートです。

 

登録無料ですからリスクがほとんどありません。

 

クレジットカード現金化に頼りたくなる状況がやってくる前に、簡単な副業から始めて収入源を増やしておくとよいでしょう。

 

 

資格不要で稼ぐなら「クラウドワークス」無料登録はこちらから↓

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

 

 


クラウドソーシング「ランサーズ」、無料登録はこちらから↓

クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集 (無料)

 

 


 

スキルのフリマ【ココナラ】簡単!無料会員登録はこちら

無料会員登録してサービス内容を見る

 

 


 

安易にクレジットカード現金化に頼れば、負債が増えるだけの負のスパイラルに陥ります。

 

そうならない為にも、自分のスキルや経験をお金に変えて収入を増やすことで、足りない現金を補う努力をしましょう。

 

 

 

バランスを崩している収支を整えるのには時間がかかります

節約も、副業も、すぐに生活を楽にはしてくれません。

 

 

 

即効性のあるものは、すぐに快感をもたらすので、一度手を出せば容易に依存していくでしょう。

 

しかし即効性のあるものは必ず大きなデメリットを伴います

そのデメリットの重さに気付いた時は、手遅れです。

 

 

 

すぐにお金は増えません。お金を増やすのには時間がかかります。しかし適切な努力を続ければ必ずお金は増えます。

 

 

 

目先のお金の事だけでなく、その先にある収支にも目を向けましょう。

お金に困っている人をカモにしようとして張り巡らされた 甘い言葉に惑わされてはなりません。

 

 

 

 

クレジットカード現金化に手を染める前に、自分自身のスキルを棚卸しし、クレジットカードのショッピング枠を現金化する代わりに、スキルを現金化することから始めてみませんか。

 

 

クレジットカードの現金化には、キャッシング枠という上限があります。しかし自分のスキルなら無尽蔵です。

 

 

 

思考停止に陥らず、自分の頭で、長期目線で収支を考えましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました